考え方

「えー」「あのー」の口癖を予防するたった3つの方法

更新日:

人前で何かを話すときに、「えー」「あのー」を言う人っていますよね。特に、「えー〇〇ですが…」という人が非常に多いです。

プレゼンやスピーチで聞いていても、「えー」や「あのー」の回数が多いと、気になって内容が頭に入ってきません。私も気を付けてはいるのですが、ついつい出てしまいます。

不快なくらい連発するひともいますが、この原因は何なのか?

それを予防するための方法をご紹介したいと思います。

 

口癖は無い方がいい

「えー、今日の予定ですが」

「あの~、それでですね」

必ず頭に「えー」を付けないと話せないのかと思われてしまいます。このような変な口癖は、少ない方が相手に好印象を与えますよね?

アナウンサーの方は「えー」ってあまり言わないですし、話の内容が入ってきやすいです。

逆に、そのほかの芸能人などメディアに出る人達が結構使っているので、その「テレビ言葉」に耳が慣れてしまうのか、私達もついつい使ってしまうのかもしれません。

全校集会の校長先生なんかが印象的でした。
 

スポンサーリンク

口癖の原因

「えー」や「あのー」の原因は何なのでしょう?

言いたいことが整理できていない

自分では無意識に、頭の中で考えている間に「えー」という言葉が出てしまうんです。言葉が整理できずにいる状態ですね。

これが癖になってしまうと、普通に喋れなくなってしまいます。

 

無意識に間をつないでいる

会話の間に「えー」と入れることで、沈黙の時間を作らないようにしているんですね。「えー」と言いながら、自分の中の言葉の引き出しをあけている感じですね。

原因は何となくわかった。

じゃあ口癖を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

自分の口癖ってある?

一度、自分の会話を録音して聞いてみてはいかがでしょうか?

「えー」や「あのー」を連発していませんか?ずっと聞いていると、なんだか気になって内容が入ってこないと思います。

普段そんなことを気にせずに生活していると、気にならなくなりますし、周りの人もそれに慣れてしまって、口癖に気が付きません。録音して聞いてみることをお勧めします。

 

では、口癖を予防する方法について、考えてみましたのでご紹介します。
 

1.話し始める前に意識する

口癖を言わないようにするだけです。

開口一番「えー」と言っていたのを、少し落ち着いてから話し始めるようにして口癖を意識した話し方にします。

少しずつ癖を減らしていけば、スマートな話し方になるでしょう。

 

スポンサーリンク

2.出そうになったら心で言う

「えー」や「あのー」は心の中で思いましょう。

口に出してしまうと、癖は直りませんので、心で誰にも聞かれないように「えー」と言って頭の中を整理していくといいかもしれません。

 

あとは、言葉に詰まったら口を閉じることを意識するのがいいです。

口を閉じて考えると言いたくても口癖は出てきません。

 

3.沈黙を恐れない

長時間の沈黙はいけませんが、少しくらいなら全然平気です。

「えー」や「あのー」を連発するくらいなら、すこし黙って考えた方がよっぽど良いですし、相手も話に集中できるはずです。

話の間に沈黙が生まれるのが嫌で、言葉をはさんでしまうという人もいると思いますので、沈黙を恐れず、黙って考えるのも手です。

 

特に、大勢の前でスピーチしたり、演説したりする場合だと、焦って口癖が出やすくなります。

「えー、あのー、、えーっ」の連発です。

大人としてスマートな話し方ができるように、日頃から一つ一つの言葉を意識しながら会話をしていきましょう。
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「えー」や「あのー」意外にも「まあ」や「あ~」「う~」など、多種多様。連発されると話の内容は入ってきませんし、不快に思われる可能性もあります。

自分の口癖を理解し、スマートな話し方を目指しましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

一緒に読まれている記事

-考え方

Copyright© 医療事務ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.