考え方

働きアリの法則から医事課の育成方法について考える

更新日:

社会人になってビジネスの現場に出てみると、一人で全てできるなんてことはありませんよね?

チームや部署といった組織で動いていくことでより多くの仕事を動かしています。医療機関はチーム医療とも言われ、部署間のチームなんかもあったりますので、より組織の力が必要な職業だと思っています。

そんな組織の中で、様々なスキル、性格をもった人を動かし、育成していくのは大変です。

今回は、ある法則を元に医事課の育成方法について考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

働きアリの法則とは

100匹のアリを観察すると、20匹のよく働くアリ、60匹の普通に働くアリ、20匹の働かないアリがいるそうです。

この2:6:2の法則のことを「働きアリの法則」と呼んでいます。

この法則は、常に均衡が保たれていて、上記の20匹のよく働くアリを取り出した場合でも、2:6:2の法則で再編成されるんですね。

 

これは人間の場合でも同じ事が起こると言われていて、ある程度の集団が形成されると、よく働く人と普通に働く人、サボる人に分かれるんです。

  • よく働くのが2割(20%)
  • 普通に働くのが6割(60%)
  • 全く働かないのが2割(20%)

自分の組織はそんな構成になってませんか?

こんな法則があるということは、人の働き方に差が出てくるのは当たり前のことと言えますね。

 

スポンサーリンク

優秀な人の集まりが良いとは限らない

働きアリの法則から考えると、2:6:2である程度均衡が保たれている感じがします。

逆に、2割の仕事ができる人ばかりを集めてプロジェクトチームを作ることがあるかもしれませんが、結局新たに2:6:2で再編成され、それが一番良いチームとは言えなくなってしまう可能性があります。

組織の中には、一見サボっているけどPCスキルに長けている人、コミュニケーション能力が高い人などそれぞれの役割がいてこそチームがまわるようになることもあります。

人員配置の上では、こういったことも考えながら行うと上手く業務がまわっていくのかもしれません。
 

スポンサーリンク

働きアリの法則を活用して育成する

2:よく働く

6:普通

2:サボる

この法則では、サボるところに目がいき、「結局は誰かがサボってるんでしょ」って思いがちですが、

「よく働く人が必ず生まれてくる」ということにも着目すべきです。

 

例えば、普段仕事ぶりがあまり良くない人達を集めてチームをつくったとすると、

その中で必ずリーダーシップをとる人が現れます。すると、チームとして成立し始めるんですね。

 

また、会議で発言しない人でも同じです。

働きアリの法則を応用して、静かなメンバーだけを集めて、そのメンバーたちで会議を行ってもらいます。

つまり、発言しない人を数人集めて会議を行うことで、その中からまたリーダーシップを取る人が現れ、以外にも会議は成立するんですね。

そしてそれを繰り返し実施すれば、自信をつけさせることにもつながりますし、他の会議でも発言が増えてくるかもしれません。

 

仕事の出来る人ばかりに成長の機会を与えるのではなく、組織全体の育成を考えてアプローチをかけていくことが大切ですね。
 

スポンサーリンク

最後に

働きアリの法則は、集団があれば2:6:2で働きぶりが分れます。

このことを理解し、部署のマネジメントを行うことが継続的な成長には重要かと思います。

 

また、「仕事の責任があるから辞めれない」と思っている人も居ると思います。

働きアリの法則で考えると、新たに次のリーダーとなる人物が現れるため、実際にその人が退職しても問題なく運営することが可能です。

 

働かない人ばかりの集団だと逆にリーダーシップを発揮して行動できるようになり、

働いてばかりの集団に入ると逆に控えめになってしまい働かなくなるということもあります。

これを頭に置いて組織のことを考えていきたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

一緒に読まれている記事

-考え方

Copyright© 医療事務ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.