ニュース

厚生労働省から個別指導・適時調査の重要資料が公開 要確認です。

更新日:

2018年3月29日、30日付で、厚生労働省ホームページ「保険診療における指導:監査」において、個別指導や施設基準等適時調査時に行政側が用いているチェックリストが掲載されました。

その他にも確認しておくべき資料が公開されています。

ブックマーク登録しておくと便利ですので、ご紹介しておきます。

 

スポンサードリンク

保険診療における指導・監査について

厚労省ホームページで公開されています。

リンクはこちら↓

保険診療における指導・監査

 

スポンサードリンク

指摘事項、当院は大丈夫か?

他の医療機関で指摘されている項目の一覧が公表されていますが、自分の病院は大丈夫でしょうか?

平成28年度の主な指摘事項の中に、書かれている項目を見ても、大半は大丈夫です。

 

ちょっと気になったのは、情報セキュリティの部分です。

大学病院などの大規模病院では、しっかりと院内情報システム部があり、セキュリティ部分についても管理が行われているとは思います。

しかし、中小病院、個人病院ではどうでしょうか?最近では、診療所でも電子カルテの導入が進んでいますし、中小病院でもセキュリティの管理は必要になってきます。

指摘事項にあった下記の項目について実施できている医療機関はどれほどあるでしょうか。。?

  • パスワードの設定が不適切である(更新期限、桁数等)
  • 職種ごとのアクセス権限の設定が不適切である。
  • システムの監査を実施していない。

 

正直なお話、当院には情報システム専属の担当者は居ません。総務部が他の業務と兼任で行っています。

このように、兼任の職員が担当している場合は、パスワードの更新やシステムの監査などがおろそかになりがちなので注意が必要ですね。

 

スポンサードリンク

適時調査実施要領は要チェック

特に、適時調査の実施要領は必ずチェックしておくと良いですね。

中身を確認してみると、既に今回の診療報酬改定の項目が反映されており、オンライン診療などの項目についての質問事項などが書かれていました。

 

新しく届出を出す際も、予めどんなことを用意しておけばいいのか確認しておくといいかもしれません。

厚労省も、適時調査のチェック表を公開するなんて大サービスですよね。

「この内容で調査するから、しっかり管理してくださいね」ということなんでしょう。

逆に、ここまで情報を公開していながら、基準を満たしていなかった場合は容赦なく監査、若しくは返還となる可能性もありますね。

 

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-ニュース

Copyright© イジブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.