ニュース 未分類

医療広告ガイドライン改正!規制の内容と施行日は?

投稿日:

厚生労働省から5月8日に医療機関の広告に関する省令、内容を示したガイドラインが新たに公表されました。

医療機関の広告規制って?今までとどう変わったの?

今回は、医療機関の広告ガイドラインの改正についてみていきたいと思います。

 

医療広告ガイドラインについて

これまでは、よく駅前なんかでも見かける看板やCMなどの広告について、医療法で制限されていました。しかし、医療機関のホームページについては、「医療機関ホームページガイドライン」というガイドラインのみで、自主的な規制にとどまってました。

インターネットのホームページは、”広告”として明確に認められていなかったんですね。

 

今はインターネットが普及し、誰もがスマホで情報を得ることが出来る時代です。かなり遅いですが、インターネット上のホームページも広告にするべきだという動きになったんですね。インターネット上の情報を鵜呑みにしたことが原因で消費者トラブルが起こっていることもあるでしょう。

今後は看板やCMなどと同様に、医療機関のホームページについても規制の対象となり、違反した場合は罰則や行政処分の対象となります。

 

スポンサーリンク

今回の改正の内容

改正の施行は2018年6月1日からです。

まず、今回の改正で医療機関が気を付けないといけないことですが、

 

施行後は、インターネット上のホームページについても、「広告」という取扱いになります。

そのため、インターネット上の医療機関ホームページについても看板などの広告と同様に、「広告禁止事項」に抵触していないかどうかをチェックする必要がありますね。

 

では、医療広告ガイドラインに記載されている具体的な内容を見ていきましょう。

 

広告禁止事項

厚生労働省のガイドラインに記載されていた、広告禁止事項についてピックアップしてみました。

広告禁止事項の項目が従来より増えています。

以下の項目が追加されており、細かな内容についても修正が加えられたようです。

  • 虚偽広告
  • 誇大広告
  • 比較優良広告に該当する具体例

 

 

 

(1) 広告が可能とされていない事項の広告

専門外来

死亡率、術後生存率等

未承認医薬品(海外の医薬品やいわゆる健康食品等)による治療の内容

 

(2) 内容が虚偽にわたる広告(虚偽広告)

・ 絶対安全な手術です!

・ 「どんなに難しい症例でも必ず成功します」

→絶対安全な手術等は、医学上あり得ないので、虚偽広告として扱うこと。

・ 厚生労働省の認可した○○専門医
→専門医の資格認定は、学会が実施するものであり、厚生労働省が認可した資格ではない。

・ 加工・修正した術前術後の写真等の掲載
→あたかも効果があるかのように見せるため加工・修正した術前術後の写真等については、虚偽広告として取り扱うべきであること。

・ 「一日で全ての治療が終了します」(治療後の定期的な処置等が必要な場合)
治療後の定期的な処置等が必要であるにもかかわらず、全ての治療が一日で終了するといった内容の表現を掲載している場合には、内容が虚偽広告として取り扱うべきであること。

 

 

ポイント

治療前後の写真等の掲載については、それだけだと患者を誤認させる恐れがあるため、治療内容、費用、治療の主なリスクなどの詳細な説明をしなければいけなくなりました。

 

 

スポンサーリンク

(3) 他の病院又は診療所と比較して優良である旨の広告(比較優良広告)

・ 肝臓がんの治療では、日本有数の実績を有する病院です。

・ 当院は県内一の医師数を誇ります。

・ 本グループは全国に展開し、最高の医療を広く国民に提供しております。

・ 「芸能プロダクションと提携しています」

・ 「著名人も○○医師を推薦しています」

・ 著名人も当院で治療を受けております。

 

(4) 誇大な広告(誇大広告)

知事の許可を取得した病院です!(「許可」を強調表示する事例)

・ 医師数○名(○年○月現在)

・ (美容外科の自由診療の際の費用として)顔面の○○術1カ所○○円

・ 「○○学会認定医」(活動実態のない団体による認定)

・ 「○○協会認定施設」(活動実態のない団体による認定)

・ 「○○センター」(医療機関の名称又は医療機関の名称と併記して掲載される名称)

・ 手術や処置等の効果又は有効性を強調するもの

・ 比較的安全な手術です。
→何と比較して安全であるか不明であり、誇大広告として扱うべきであること。

・ 伝聞や科学的根拠に乏しい情報の引用
→医学的・科学的な根拠に乏しい文献やテレビの健康番組での紹介による治療や生活改善法等の紹介は、それらだけをもっては客観的な事実であるとは証明できないため、誇大広告として取り扱うべきであること。

 

専門性資格については、広告に載せていい資格名というものが決められています。

決められた資格名以外のものが書かれていようものなら誇大だと指摘される可能性はあります。

こちらの情報をチェックして、正しい資格名が書かれているかを確認しましょう。

 

 

 

(5) 患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談

患者の体験談の記述内容が、広告が可能な範囲であっても、広告は認められない。

なお、個人が運営するウェブサイト、SNS の個人のページ及び第三者が運営するいわゆる口コミサイト等への体験談の掲載については、医療機関が広告料等の費用負担等の便宜を図って掲載を依頼しているなどによる誘引性が認められない場合は、広告に該当しないこと。

 

(6) 治療等の内容又は効果について、患者等を誤認させるおそれがある治療等の前又は後の写真等

・ 術前又は術後(手術以外の処置等を含む。)の写真やイラストのみを示し、説明が不十分なもの

 

(7) 公序良俗に反する内容の広告

 

(8) その他(品位を損ねる内容のもの、他法令で禁止されている内容のもの)

・ 今なら○円でキャンペーン実施中!

・ 「ただいまキャンペーンを実施中」

・ 「期間限定で○○療法を 50%オフで提供しています」

・ 「○○100,000 円 50,000 円」

・ 「○○治療し放題プラン」

・ 「無料相談をされた方全員に○○をプレゼント」

 

 

スポンサーリンク

医療機関のホームページにはどこまで書ける?

ここで、抑えておきたいことは以下の3点

 

ポイント

  • 誇大広告
  • 虚偽広告
  • 薬機法・景品表示法違反

 

この3点は、確実に抑えておかなければいけないです。

これは、医療法ではなく薬機法と景品表示法が根拠になっています。ということは、今現在でも医療機関のホームページに適応されるということです。

回復して元気になるイラストを載せるだけでもアウトになる可能性だってありますし、厚労省の認証が得られていない薬品の広告だって行政処分の対象になりえます。

 

どんな表現までならホームページに載せてもいいか?

そこまではまだハッキリとわかりません。今出ているガイドラインに準じて、載せてもいい項目が洗い出される可能性はありますので、内容を見ておくことをお勧めします。

該当する表現が無いか、今一度確認したほうがいいですね。

 

スポンサーリンク

最後に

医療機関のホームページも、今のスマホ普及率やインターネットの普及によって、規制が強まってきています。

これから医療機関のホームページを制作されるのであれば、厚労省のガイドラインを参考に制作することをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連記事一覧

-ニュース, 未分類

Copyright© 医療事務ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.