給料

医療事務のボーナス相場は平均いくら?ボーナスなしってあるの?

投稿日:

医療事務の皆様。
待ちに待ったボーナスの時期ですね!この時期はやはりワクワクするものです。

医療事務って安定してボーナスをもらえているイメージですが、本当に安定してボーナスをもらえるのか?

これから医療事務として働く方にとっては大事なポイントですよね。

一般企業と比較しながら、お話ししたいと思います。

 

スポンサードリンク

医療事務のボーナス相場は?

当院の昨年度のボーナスは、年間で4.3ヶ月分の支給でした。

 

医療事務の求人サイトを見てみても、

医療事務のボーナスは、おおよそ基本給の2ヶ月~5ヶ月分を支給しているところが多いようです。

3ヶ月分以上もらえるところが多いみたいなので、「医療事務はボーナスがしっかり出る」というのはあながち間違いではないですね。

 

でも、基本給がそもそも低いため、ボーナスがビックリするほど高いというわけにはいきません。

 

 

スポンサードリンク

医療事務と一般企業との違いは?

医療事務のボーナスって、ほとんど変動することは無いんですね。

去年が3ヶ月分なら、今年も3ヶ月分。

どれだけ黒字経営だろうと、3ヶ月分!w(赤字経営の時は、ボーナスが減る場合も…)

 

一般企業の場合、経営状態によってボーナスが変わりますよね。

昨年実績が3ヶ月でも、経営状態が良くて黒字が続いていれば4ヶ月になるかもしれませんし、

決算賞与という形で従業員に還元してくれるところもありますよね。

決算賞与って?

年2回のボーナスとは別に、決算時の業績が良かった場合に、その利益を従業員に還元することです

 

ただ、赤字経営が続けば、ボーナス無し!なんてことがあり得るのが一般企業のあるあるです。

 

スポンサードリンク

医療事務でボーナス無しなんてあるの?

当院では、ボーナス無しになったことがありませんし、

医療事務の知り合いでも、ボーナスが無いところって聞いたことがありません。

病院でも診療所でも、しっかりボーナスは出されているようです。

 

その点は、安定してボーナスがもらえるという医療事務のメリットなのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

頑張っても、ボーナスに反映されない

医療事務のボーナスのデメリットとして挙げるとすれば、

自分たちが生み出した成果が、ボーナスに反映されていないというところです。

 

これは、当院だけかもしれませんが、同じ思いをしている医療事務の方もいるはず。

人事考課でいくらA評価を得ようが、

「ん?去年と何が変わったんだ?」というボーナスに落胆される方もいるのではないでしょうか?

 

しっかり評価して、給料に反映してくれないと、モチベーションもあがりませんし、

若手が仕事へそそぐ力を抜きたくなる気持ちも分かりますねw

 

 

スポンサードリンク

医療事務のボーナスは、安定感はあるが大きな爆発は無い

ここで話をまとめてみます。

 

ポイント

  • 医療事務のボーナスは年間2~5ヶ月分程度もらえる所が多い
  • 「ボーナス無し」はほとんどない
  • しかし、頑張りが反映されにくく、大きなボーナスの増加につながりにくい

 

頑張って働いた分、お金がたくさん欲しい!という方にはちょっと向いていないかもしれませんが、

やはりしっかり安定してボーナスがもらえるところには、現実をしっかり見ている女性に人気の理由が頷けますね。

 

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-給料

Copyright© イジブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.