医療事務コラム

医療事務になるには専門学校に行った方がいいの?質問に答えるよ

投稿日:

医療事務という仕事がなんだか気になってる。医療事務になるには専門学校に行った方がいいのかな?医療事務は資格が無くても働けるって聞くけど、専門学校に通う必要はあるの?実際に医療事務の仕事をした事がある方は専門学校に通う事に対してどう思っているんだろう?

 

そんな悩みを持つあなたへ、この記事では医療事務になるために専門学校へ行くべきなのか解説していきます。

 

 

専門学校のホームページを見ると、当たり前ですが「医療事務の即戦力になれる!」なんて書いてあってメリットごり押しです。それだと余計に迷ってしまいますよね。

医療事務専門学校を卒業した僕が、医療事務になるために専門学校を出るべきなのかをまとめていきましょう。

 

スポンサードリンク

医療事務専門学校へは行く必要は無い

結論から申しますと、医療事務になるために専門学校へ行く必要はありません。

 

「医療事務を目指せる!」「医療事務として即戦力で働ける」みたいなキャッチコピーで宣伝されていますが、僕自身は以前から疑問を感じていました。

おそらく他の病院でもそうですが、「専門学校を出ているから」といって就職に有利ということはありえないからです。資格を取っているから必ず採用されるということもまずありえません。

 

「専門学校で勉強して資格も取っているから、この子は即戦力で使えるな~」なんて思ったことは正直一度もないですw

高校を出てすぐに専門学校に入られる方は特にですが、人生経験が浅いために教養が無い人が多い印象がありますね。(※最近では大卒でも教養の無い人が増えてます)

 

「本気で医療事務をやりたいから専門学校に入る」というのは、先を見据えて考えると本人の為にならないことも多いのです。

 

 

スポンサードリンク

専門学校に入学したからといって即戦力になるわけではない

医療事務系の専門学校のセールスコピーで、「即戦力で働く」という言葉を見かけることがありますが、控えめに言ってそれは間違いです。

 

いくら2年間医療事務の勉強をしたところで所詮は座学。現場経験を積まないと即戦力になるどころか、むしろ大卒と同じ扱いでオッケーです。

 

医療事務専門学校のカリキュラムも、

看護師のカリキュラムみたいに、実習がバンバンあれば良かったんですけど、医療事務の実習なんて、わずかなものですしちょっとすれば忘れてしまいます。

 

あまり覚えていませんが、

電子カルテの操作演習や医事コンの操作演習、統計学や手話の授業もあった気がします。

本当に必要か?って思う授業もありましたし、もっと医療事務の実務を増やしてくれれば良い経験になるんですけどねえ。

 

新卒で資格を取得していたところで、実務経験が無かったらほとんど意味を成さないので、専門学校だから優遇されるとか、就職に有利なんてことはもう無いと思って大丈夫です。

 

 

メモ

ちなみに、資格手当の相場は、診療報酬請求事務能力検定試験で500円~5,000円、診療情報管理士や医療情報技師で1万円くらいです。

これを多いと思うか、少ないと思うかはあなた次第です。

 

 

スポンサードリンク

アルバイト+独学の方がメリットは大きい

何としても医療事務になりたい!と本気で考えている人にオススメなのが、病院や医院でのアルバイト経験を積むことです。

医療事務の採用時に重要視するのが「資格」よりも「実務経験」です。

 

もしも、金銭的にも成績的にも問題なく大学受験の選択が可能なのであれば、迷わず大学に進学してください。

人生経験を積むことで、人間として成長することが何より社会に出る準備として必要です。

 

成績が悪い、大学に行く資金が無いという方も居ると思いますが、そんな方は専門学校へ行くか、短大へ行きつつ医院でアルバイトをしながら実務経験を積むという選択肢もあります。

 

なぜ僕がこんなにもアンチ専門学校なのかというと、僕自身が医療事務を専門学校を卒業しているから。

専門学校に行ってしまうと、ある特定の分野の事しか学ぶ事ができません。コミュニティもごくわずかですし、高校の延長みたいな感じです。

 

個人的には大学に進学して、大きなコミュニティで社会性を身に着ける方がよっぽど勉強になると思っています。

高校生で自分が将来就く仕事を決めるなんて考えられませんし、大学生になってからしっかり考えた方が良い方向に進めると思うからです。

 

 

スポンサードリンク

医療事務の専門学校に行ってる人はどんな人?

 

  • 医療事務関連の資格をたくさん取りたいけど、独学では不安
  • 女性が働きやすいというイメージで、とりあえず医療事務かな
  • 高校生の進路選択に迷って、とりあえず人気の医療事務を選んだパターン

僕が学生の頃、同じクラスに何人かそんな人達がいました。

在学中は、ずーっと医療事務の勉強ばかりです。正直面白くありませんw

 

適当な理由で入ってきた人たちは、在学中に辞めていくか、就職してからすぐに他の業界に転職していました。

授業もサボったり、授業中寝てたり、「医療事務になりたい!」って思って入ってきたんじゃないの?って思ってました。

 

なので、専門学校を考えている人、中途半端な気持ちで考えているなら今すぐ改めてください。

 

 

スポンサードリンク

まとめ:専門と大学進学に迷っているなら大学進学

本気で医療事務になりたいと思っているなら、大学に進学することを個人的にはおすすめします。専門学校行って無駄な学費を払わなくても勉強はできるんです。

 

大学生活を送りつつ、病院や診療所で医療事務アルバイトをしつつ、社会経験を積む。

 

これが一番良い方法だと思っています。

医療事務に一番求められているのは「実務経験」

資格は二の次です。

 

つまり、実務経験+資格があれば鬼に金棒と思ってもらって大丈夫です。

 

医療事務資格は専門学校に行かなくても資格講座で十分取得できるものです。

本気で医療事務を目指しているなら、検討してみてください。

 

>>>医療事務資格講座へ一括で資料請求してみる

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-医療事務コラム

Copyright© イジブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.