医療事務コラム

生活保護法改正による後発品使用原則化!現場の対応はどうするべきか?

投稿日:

生活保護法に規定する指定医療機関医療担当規定が一部改正されましたね。

生活保護患者の後発医薬品原則化が10月より開始になっていますが、現場の対応はどうでしょうか?

 

今回は、後発医薬品使用原則化について思ったことを書いてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

生活保護法改正による後発医薬品使用原則化

生活保護法の改正で、2018年10月1日から生活保護を受給されている患者さんについて、医師が医学的知見に基づいて後発医薬品を使用することができると認められた場合は、原則として後発医薬品が処方されることとなりました。

 

つまり、これまで医師の医学的判断ではなく「患者さんの希望」で先発品を処方できていましたが、それができなくなります。

 

中には例外もありますが、結局医師の判断なら適当な処方が横行しそうな気がしますね。

例外として先発品が使用される場合

  1. 在庫が無い場合
  2. 後発医薬品の薬価が先発医薬品の薬価より高くなっている場合
  3. 後発医薬品の薬価が先発医薬品の薬価と同等の場合
  4. 医学的知見に基づき、先発医薬品の処方が必要であると認められる場合

 

一般名処方や後発品変更可能の処方を行った場合には、調剤薬局では問答無用で後発医薬品が処方されるというわけですね。

調剤薬局で、「例外」に該当する薬剤があった場合は、医療機関に疑義照会が入ります。

 

 

スポンサードリンク

生活保護患者へ周知ができていない?

生活保護患者さんの中には、先発品を好んで希望される方が結構いるみたいです。

当院にも結構な数がいたので、薬の件でごねられると外来がストップしてしまいます。

 

当然、医事課が外来へ呼ばれて対応するわけですが、

文句を言ってくる人は、「そんなこと聞いていない」「福祉事務所から連絡入ってない」と口をそろえて言われます。

 

どうにかしろと言われても、行政機関で決定した法律ですから制度上の問題として説明するしかないと思います。

どうしても納得してもらえない場合は、福祉事務所に連絡して対応を行ってもらうことも可能のようです。

 

 

スポンサードリンク

医師が法改正を知らないケースもある

生活保護法改正については、医局会議でも周知していますし、各診察室には一番見えるところに掲示してあります。

にもかかわらず、患者が先発品が欲しいと言ってきたので、処方をしている医師が居たんですね。

 

KOJI
医学的知見に基づいた処方ですか?

 

と聞いてみたんですが案の定、

 

「患者さんが希望されたから先発品で出したよ^^」

 

 

KOJI
・・・

 

 

こうなると次から患者さんに説明するのが大変です。

一度許してしまうと「前は出してもらった!」とか言ってくるのが目に見えます。

 

このような法改正はスタートが肝心ですね。

特に、非常勤医師が外来を持っているケースは周知徹底はしっかりしておく必要がありますね。

 

 

患者さんが納得しないときの対応は?

「先発品を出してくれ!」と何がなんでも納得してくれない時は、どうすればいいのか?

 

処方を決定するのは医師です。医学的判断に基づいて「後発医薬品でも問題ない」と判断して処方しています。

「生活保護法改正による後発医薬品の使用原則化について」は行政機関で決定した法律ですから制度上の問題として説明するべきです。

「国が決めた事だから医療機関は従うしかないんです」ということ。

 

「先発品でなければ効果を認めない」「後発品がない薬剤」等の理由がなければ処方できませんので、法律が変わったので処方できませんと言い切るしかないということになります。

 

どうしても納得されない場合は、福祉事務所に連絡して対応をお願いしましょう。ただ、福祉事務所に連絡したところで、先発品が出せるようになるわけではありません。福祉事務所から患者さんへ説明をしてもらうことになります。

 

大声を上げる等の脅迫行為に出た場合は迷わず警察を呼びましょうね。

 

後発医薬品使用原則化のQA

後発医薬品使用原則化リーフレット

 

 

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-医療事務コラム

Copyright© イジブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.