給料

【公開】7年間病院に勤務した男性医療事務の年収推移(役職あり)

更新日:

医療事務の給料は安いって聞くけど、年収はどれくらいなの?年収を上げる方法はあるのか知りたいな。

 

こういった疑問に答えていきたいと思います。

 

✔当記事の内容

  • 勤務経験7年、男性医療事務の年収公開
  • 医療事務として給料を上げる方法

 

この記事を書いている僕自身の給料を公開しますw

僕自身のことを簡単に紹介しておきましょう。

  • 京都の個人病院に勤務
  • 医療事務専門学校卒業
  • 医療事務経験7年
  • 2019年には部長に昇進

 

KOJI
部長になってしまいました。プロフィールを修正しなければ、、

 

今回は「医療事務の7年目(役職あり)の年収解説と年収を上げるための方法」をご紹介していきます。

※あくまでも給料の一例です。全国の医療事務がこの給料形態というわけではありません。

 

スポンサードリンク

7年間病院に勤務した男性医療事務の年収推移

 

ポイントは下記の通り。

 

ポイント

  1. 初年度年収は290万くらい
  2. 役職がつかないと給料が上がらない
  3. 頑張って課長になっても年収400万円

 

1:初年度年収は290万くらい

2011年度は、4月分からなのでその分少なかったのと、

1年目だったので夏のボーナス支給がなかった分年収も少ないです。

 

おそらく初年度の手取り月収は、13万~15万円くらい。

男性だと当直業務にバシバシ入れてもらえると、20万くらいいく月もあったかな?

女性だと当直手当もないし、15万くらいの手取りでみんな頑張ってましたね・・。

 

2:役職がつかないと給料が上がらない

当たり前ですが、役職が増えたタイミングで給料が上がってます。

それは、役職手当がついているからですね。

 

残念ながら、僕の病院では役職がついても基本給のベースアップはありません。

基本給は据え置きで、役職手当のみが加算される仕組みです。

さらに、僕は専門学校卒なので、大卒よりも基本給が低く設定されています。

 

課長なのに、平社員大卒の方が基本給が高いという状態が起こっていますw

僕の病院だけではなさそうですね。

 

3:頑張って課長になっても年収400万円

年収400万円です。これを多いと思うか、少ないと思うかです。

日本人の平均年収は400万円と言われていますが、課長という役職者にとっては「割に合わない」という人も多いと思います。

もちろん、業務量も精神的負担も増加してます。

 

僕は、課長になってから年収を算出して愕然としました。係長から課長になって増えたのは60万円程度だったんです。

月5万円程であれば、平社員でゆるく働きつつ、副業でもして稼いだほうが有意義だなと今更ながら思います。

 

 

スポンサードリンク

医療事務の年収を上げるためには?

医療事務として続けていきたいのであれば、役職者になることです。

手っ取り早く役職手当で年収が増えることは僕のグラフが証明しています。

 

ですが、役職者になることで精神的負担や身体的負担も倍増します。

手当でもらえる金額と、増加する業務量を想定してしっかり考えてプランニングしましょう。

できれば、就業規則を見て役職手当を確認するのもいいかもしれません。

 

僕の病院だと、下記のように定められています。

  • 主任:1万円
  • 係長:1万5千円
  • 課長:4万
  • 部長:5万円~

 

昇進時は給料アップ交渉しよう

役職者に任命された時には、必ず給料アップ交渉をしましょう。

  • 「職場にそんなこと言えない」
  • 「今後居ずらくなりそうで嫌だ、気を遣う」

こんなことを言っていると、病院に良いように使われてしまいますよ。

 

「係長に任命していただけるのでしたら、給料の見直しをお願いします。」とハッキリ言う事です。

給料相場の調査をしておいて、同程度の給料を提示する方法もありますが、

職場との関係性もありますし、よくよく話し合って決めるべきですね。

 

「ここまで上げてくれたら、役職者として頑張ります」というボーダーラインを示してあげることで、上司もさらに上の上司に交渉しやすくなります。

 

KOJI
しつこい交渉はNGですよ

 

 

役職者になりたくない人は副業しよう

 

「役職者になりたくない」と思っている人は一定数いて、「医療事務をずっと続ける気が無い」という人も一定数いますね。

手取りの増加額を見ると、せいぜい20万~30万円です。それくらいであれば、副業で十分に稼げます。

医療事務として疲弊するよりも、ゆるく働きつつ副業で稼いだ方が精神的に楽ですね。

 

 

 

スポンサードリンク

転職してしまうのも給料アップの方法

手っ取り早く転職してしまうのが早いです。ある程度の経験を積んでいれば、経験に基づいた給料への加算がありますし、今よりも給料がアップする可能性があります。同業種であれば、転職時の給料交渉もある程度行えます。

 

未経験の業界に転職するとなると、それなりの給料になるので初めは少ないかもしれません。今後伸びしろがあるWeb広告業界だと、給料も割と高いですね。Webを学んでおけば「自分で稼げるスキル」が身に着くので、Webの業界に飛び込んで給料をもらいつつ全力でスキルを吸収するのが理想ですね。

転職サイトの大手であればリクナビNEXTが有名です。

転職についてキャリアアドバイザーに相談したいなら、パソナキャリアが業界の中でも求人数が一番多いのでおすすめです。

 

 

 

役職者か転職か、はたまた副業か

大きな病院であれば、役職者になるほど給料の上昇も見込めます。

しかしながら、個人病院やクリニックには役職者でも給料が少ない場合や、そもそも役職者が無いなんてこともあります。

 

医療事務をやりつつ給料を上げたい、お金を稼ぎたいという方は、副業も検討してみてはいかがでしょうか。

現役医療事務の僕が、副業で稼いでいる方法については、後日記事でご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-給料

Copyright© イジブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.