F:投薬

高血圧治療薬Ca拮抗薬の多剤併用は査定!

更新日:

レセプトの査定情報です。最近、院外処方の査定が目立ちます。

内訳は、病名漏れが半分、過剰が半分くらいです。

今回は、最近査定のあった事例の紹介です。

スポンサードリンク

Ca拮抗薬の査定

Ca拮抗薬は高血圧治療によく使用される薬です。

Ca拮抗薬は主にジヒドロピリジン系が用いられます。

ジヒドロピリジン系は末梢血管に作用して血管を拡張し、

心臓に対してはほとんど作用しないという特徴

(血管選択性)があります。

また長時間作用型(1~2回/日)と

短時間作用型(3回/日)に分かれ、

副作用の軽減および服薬アドヒアランスの面から、

長時間作用型が主に用いられています。

◆副作用

動悸、頭痛、ほてり感、浮腫、歯肉肥厚、

便秘がみられることがあります。

ジルチアゼムは心伝導系の抑制により

徐脈や房室ブロックをきたすことがあり、

β遮断薬との併用は避けた方が安全です(併用注意)。

高血圧の治療において、降圧薬は病態や検査値などを考慮して、

Ca拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬の4種類の中から選択しますが、単剤で降圧効果が不十分な場合には併用療法を行います。

しかし、同一の作用機序を持つ薬剤の併用は、保険調剤上薬学的に問題があるとされて査定されてしまいます。

 

スポンサードリンク

Ca拮抗薬の種類

Ca拮抗薬(一覧)

様々な組み合わせが考えられます。

当院で多いのが、

  • アダラート
  • アムロジン

の組み合わせです。

スポンサードリンク

今後の対策

同一の作用機序を持つ薬剤どうしの併用については

他にもいろいろあります。

医師に注意喚起を行うとともに、

システムの対応も検討しています。

今日の治療薬2017 解説と便覧

新品価格
¥4,968から
(2017/7/9 12:41時点)

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-F:投薬

Copyright© イジブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.