コインチェックの不正引き出し被害!投資を始める時の鉄則について

コインチェックの不正引き出し被害!投資を始める時の鉄則について

「ビットコインで資産防衛ビットコインで資産防衛」のフリー写真素材を拡大

先日、仮想通貨投資を行っている方にとっては最悪のニュースがありましたね。ネットニュースや報道でも知られていますが、コインチェックの不正アクセス被害です。

1月26日に、同社が保有する顧客の仮想通貨NEM(ネム)約580億円相当が不正に外部へ送金されたとのことです。

最近、CMもやりながら、業績もよかったことでしょうが、そんな中での今回の問題。コインチェックはセキュリティ面で穴があったと言われています。

ではなぜそんなコインチェックが人気だったのでしょう?

コインチェックが人気だったのは?

ユーザー目線で使いやすいアプリを提供しているのがあり、投資初心者からは他の取引所より選ばれることが多かったようですね。

また、複数のアルトコインへの投資が可能なのはコインチェックの強みであり、海外の取引所での取引を躊躇してしまう多くの日本人には、かなりの存在感はあったのでしょう。

CMなどの広告費にもかなり投資しており、その宣伝のおかげなのか、仮想通貨への参入者がかなり増えていたようです。

 

コインチェックの対応

検討中であった被害の対応について、コインチェックが正式に発表しました。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

 不正引き出しされたNEMを日本円で返金するというものですが、これの保証金額が暴落時の補償金額ということと、日本円で返金するということにユーザーから不満の声があがっていました。

 

「税金はどうするんだ」「なんで暴落時の価格なんだ」「ネム返せ!」

みたいな。

確かに、本来はネムを返すのが一番いいかもしれません。でも、ハッキングされたお金が戻ってくるだけでも助かったと思わないんでしょうか?確かに、セキュリティ面が甘かったのは事実みたいですが、コインチェックも被害者です。

以前から、金融庁に認可されない「みなし業者」として運営を続けていた業者です。そのリスクをわかったうえで、お金を預けていたのは自分自身なので、自分の責任でもあるわけなんです。

投資の鉄則

今回の騒動で得た教訓は下記の通りです。

  • 投資する際には常にリスクを考える
  • 投資の流動性と預け先の破綻リスクを回避する

なぜ、仮想通貨投資を始める際にコインチェックを選んだのでしょう?その時に、上記の事を考えていたかが大切かと思います。

単に、アルトコインが充実していたから、という理由で推奨されている方は結構いましたが、それはリスクを考えていないことになりますね。

もちろん、「CMでやっていたから」なんて理由は論外です。

仮想通貨に関わらず、投資をする際には、

絶対に損はしないこと

これを常に考えることが大切です。仮想通貨投資のようなキャピタルゲインだけで投資をすすめるのではなく、インカムゲインも合わせて、トータルで投資を進めることで損害を最小限にするようにしていくことが大切だと思います。

キャピタルゲイン(capital gain)は、保有していた資産の値段が変動することによって得られる収益のことを指します。この場合の資産とは土地、建物、絵画、ゴルフ会員権、貴金属など幅広いもので、株式や債券などの有価証券も含まれます。一般的に価格が変動するものを安く購入して、高くなった時に売却して得られる値上がり益がキャピタルゲインです。

インカムゲイン(income gain)とは、資産運用に際して、ある資産を保有することで安定的・継続的に受け取ることのできる現金収入のことを指します。銀行預金や利付債券の受取利息、投資信託の収益分配金がそれに該当します。不動産投資の場合は家賃収入です。株式投資の場合、株主が企業から受け取る配当金がインカムゲインとなります。

 

今後も仮想通貨投資を続けたい

大手メガバンク等も仮想通貨に参入しようとしている状況です。

今後も仮想通貨投資を続けたい!又は参入したいと考えているかたは、これまでの教訓を生かして、投資をしていけばいいと思います。

気を付けるのは以下の点です。

  • 複数の取引所を利用しリスク分散
  • インカムゲインも併用して投資する

複数の取引所に分散投資する

今回のケースのように、預け先の破綻リスクを回避するためにも、仮装通貨の分散投資は必須となります。

以下の取引所を参考に、複数の取引所を開設しておくことをお勧めします。

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。つまり、日本では一番歴史のある取引所ですね。大手ならではの安心感があります。

ビットフライヤーは、マルチシグを採用しています。マルチシグとは、「高セキュリティのウォレットを構築するための技術」です。

なので、取引所の中では高度なセキュリティ体制と言えるでしょう。

ザイフ

zaif

仮想通貨取引所・販売所 – Zaif

Zaif(ザイフ)は2015年3月4日に設立された仮想通貨の取引所で、日本のテックビューロ株式会社が運営をしています。

一番の魅力は、取引手数料がマイナスになるところです。マイナスですよ?取引すればするだけ、手数料をもらえちゃうってことです。

マイナスになる条件は、「本人認証」までクリアする必要があるので、手数料をマイナスで取引したい人は、口座開設をしたら「本人認証」まで済ませておきましょう。

※手数料がマイナスなのはビットコインの取引所売買のみです

 QUOINEX

各種取引手数料が0円で利用できます。 仮想通貨:BTC, ETH

2017年9月29日、金融庁(関東財務局)より、仮想通貨交換事業者として、第一号登録(登録番号:関東財務局長第00002号)を受けた世界初のグローバルな仮想通貨企業です。

通貨の取り扱いが少ないですが、レバレッジが25倍で取引できるのも魅力ではないでしょうか?

DMMBitcoin

DMM Bitcoin – 今、ビットコイン取引を始めるならDMM

018年1月11日から、満を辞して仮想通貨業界に参入した「DMM Bitcoin」

DMMの一番の特徴は「アルトコインのレバレッジ取引(FX)」ができます。

スポンサードリンク
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ネム
  • リップル
  • ライトコイン
  • イーサクラシック
  • ビットコインキャッシュ 

DMM FXの実績もありますので、安心感はあります。

今回の騒動のように、アルトコインが大暴落した時にも、「ショート」でポジションを持っておけば大きな利益を得ることもできますし、そんな場合に備えるためにもDMMの口座は役に立ちそうですね。

アルトコインのFX取引をしたい方はおすすめです。

 

まとめ

他にもたくさん取引所はありますが、やはり取引量が多く、これまでの実績とセキュリティがしっかりしている取引所を選んで口座開設するのがいいですね。

安易に、一つの取引所に集中して投資してしまうと破綻してしまった場合、とんでもないことになってしまいますので、自分自身でリスクに備えましょう。

ただ、2017年は仮想通貨全体が上昇トレンドでしたが、2018年度に入ってからは価格が下落していますので、昨年通りに利益を上げられるかはわかりません。

インカムゲインも意識しながら、自分に合った投資を行っていくのがいいですね。

スポンサードリンク