医療事務は毎日勉強です!?社会人なら当たり前じゃない?

医療事務は毎日勉強です!?社会人なら当たり前じゃない?

「習ったはずの公式がまったく出てこない女子高生習ったはずの公式がまったく出てこない女子高生」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

病院の新人研修や、医療事務向けの紹介サイトなどでよく説明されるのが、「医療事務は毎日が勉強です」「勉強ができない人は2年毎の改定や医療保険制度についていけない」などの説明がされることがあります。

でもそれって、医療事務だけじゃなくて、社会人として当たり前の事ですよね。

どんな職種であっても、日々勉強ですし、学ぶことをやめてしまったら本人の成長は止まってしまいます。今回は、社会人が日々勉強することの重要性について書いてみたいと思います。

社会人は日々勉強である

社会人は日々勉強です。

新人の頃は勉強の毎日ですが、私自身、課長という役職についても毎日が勉強です。確かに、医療事務は診療報酬の事や受付の事、多少なりとも医学知識も勉強しなければなりません。

日々勉強しなければならないのは間違いではありません。

スポンサードリンク

その他の職種でも、同じです。仕事の勉強をしなければ、会社の中でやっていけませんし、楽な仕事なんて無いということですね。

勉強が嫌いなら、しなければいい

「学べるのは贅沢」という言葉がありますが、その意識を持って勉強している人は少ないと思います。

贅沢だと分かった上でも勉強が嫌いなら、それはもう勉強はやめた方がいいです。どうやっても時間の無駄になってしまいます。

嫌いなことに時間を使うくらいなら、自分の長所を伸ばすことに時間を使う方がよっぽど有意義です。

社会人に求められること

与えられたことをただやるだけでは、何の勉強にもなりませんし、能動的に学ぶ姿勢が必要になってきます。

言われたことをやるだけなら、機械でもできますし、「人」に対して求められていることとは違うんです。

突発的な問題解決能力と、新しい事を創造する能力が求められてきます。

学ぶ姿勢が無ければ、社会に出てうまくやってくのは難しいですね。

まとめ

新人教育でも苦労するところですが、学ぶことを知らない、苦手な人はずっとそうです。子供の頃から根付いたものはなかなか取れないので、その人の長所を生かす方にシフトするといいかもしれませんね。

スポンサードリンク