知らないと損する?!セルフメディケーション税制について

知らないと損する?!セルフメディケーション税制について

「確定申告は自分一人でできるのでしょうか?確定申告は自分一人でできるのでしょうか?」のフリー写真素材を拡大

医療費控除についてはご存じかもしれませんが、なんだかややこしくて、やったことが無いという方がほとんどではないでしょうか?

昨年の1月から、セルフメディケーション税制が始まり、医療費控除が活用しやすくなっています。

 

セルフメディケーション税制って?

セルフメディケーション税制とは、

きちんと健康診断を受けている人が、対象の市販薬を購入した際にも所得控除を受けられるようにしたものです。

自ら市販薬を使用して治療することは、医療費の適正化にもつながりますね。

セルフメディケーション税制の対象は?

「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」として、

「一定の取り組みを行う個人」とあります。

具体的には、下記のいずれかを受けている方が対象になります。

  • 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(事業主健診)
  • 健康診査
  • がん検診

2017年1月1日以降、セルフメディケーション税制の対象医薬品1万2000円を超えて購入した際に、超えた分の金額(上限8万8000円)について所得控除を受けることができます。

※なお、2017年分の確定申告の提出時期は、2018年2月16日から3月15日までです。

 

 

対象となる医薬品

厚生労働省の対象医薬品一覧にあります。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について |厚生労働省

風邪薬はもちろん、ニキビ治療薬や、フェイタスなどの湿布薬、目薬など、

多くの医薬品が対象になりますので、

有名な薬はほぼほぼ対象になっていると思っていいかもしれません。

 

ただ、購入する前に対象かどうかを調べなければいけないのは難点。

購入したは良いが、セルフメディケーション税制の対象ではなかったら、意味がありませんから。

↓こんなマークが対象医薬品にはつけられているようですので、購入前にはチェックしておいた方がいいですね。

共通識別マーク

確定申告時の注意

控除を受けるには、もちろん確定申告が必要です。

確定申告時には、下記のいずれかの証明が必要になります。

  • 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(事業主健診)
  • 健康診査
  • がん検診

健診の結果通知書や領収書、予防接種済証などを準備しておき、確定申告時に提出します。結果通知書は、コピーでも可になっています。

 

まとめ

これまでは、年間の医療費が10万円を超えないと医療費控除が受けれなかったのですが、セルフメディケーション税制が始まったことで、かなりハードルが下がりました。

市販薬をよく購入する方は、忘れずに確定申告をしましょう。

また、薬局で市販薬を購入した際に受け取ったレシートは必ず保管するようにしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク