転職・就職

【医療事務が辛い】仕事で消耗している人へ本当に伝えたい3つの事

投稿日:

医療事務が辛い、もう仕事が嫌で辞めてしまいたいけど、まだ経験が浅いし辞めてしまっても大丈夫だろうか。退職って言いずらいし、できれば上手に辞める方法があればそれも知りたい。

 

こんな悩みを持っている方に現役の医事課長が答えます。

 

当記事を読めば、下記のようなことがわかりますよ。

  • 現役医事課長が消耗している人に伝えたい事
  • 入職してすぐ辞めても大丈夫なのか
  • 病院を上手に辞める方法

 

本気で辛くて辞めようかと悩んでいる人へ、現役医療事務が答えていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

仕事で消耗している人に伝えたいたった3つの事

1.医療事務は辛くてもやり続けたい仕事か?

今働いている「医療事務」という職業は、どんなに辛くても続けていきたい仕事ですか?

 

働く側と雇う側からから見たらこうなります。

働く側 → やりたくない仕事をしても楽しくない

雇う側 → やる気のない職員を雇っていても成長しない

自分が本当にやりたい仕事だったらどうでしょう?その仕事の先に大きな目標や夢があるのであれば、辛い事も耐えられますよね?

「給料をもらうための労働」として考えると、医療事務はコスパの悪い職業になるかもしれません。

 

もちろん、医療事務にやりがいを感じている人もいまして、本当に向き不向きがハッキリ出ますね。

 

2.辞める判断基準は簡単【上司を見る】

 あなたが医療事務を辞める判断基準に迷っているのなら、上司を見ることで解決します。

なぜなら、勤めている病院で最終的にあなたがつくポジションは上司で、それは将来のあなたです。

 

これからのキャリアを描きたいのであれば、上司を見ればわかります。

「将来こんな仕事はしたくない」

「こんな人にはなりたくない」

 

そんなことを思ったことがあるのであれば、退職の決断をするべきだと思います。その病院に在籍する以上、「こんな仕事はしたくない」という仕事をさせられますよ。

 

逆に、とっても良い上司で、「こんな人みたいになりたい」と思えるのであれば、自分もその人から吸収して成長するチャンスです。

 

3.【辞めたら皆に迷惑がかかる】←優しすぎます

結論から言うと、やめたいのならすぐにでも辞めるべきです。

僕は、辛い仕事をやり続けるのは時間の無駄だと思っていまして、やる気が無い職員は辞めた方がいいと思っています。

 

先日も新人が退職の相談に来ましたが、僕は引きとめませんでした。

 

やる気のない勤務態度は他の職員に悪影響を与える場合があるからです。つまり、お互いデメリットしかないんですね。

辛い仕事をして消耗するよりも、本当にやりたいことにコミットする方が人生豊かになります。

 

スポンサードリンク

入職してすぐに辞めても問題ない

結論から言うと、入社後すぐに辞めても問題ありません。

ですが、次にちゃんとした会社に入社したいのであれば「明確な理由」は必要です。

 

なぜなら、「入職してもすぐ辞める人かも・・・」と、書類審査の段階で不利になってしまうからです。

そして面接でも退職理由については必ず聞かれますので、明確に答えられるのであれば問題ないと思います。

 

  • 人間関係のストレス
  • 残業が多い
  • モンスターペイシェントの対応

 

こんなことで消耗していると、こちらの健康を害してしまいます。

体は一つだけです、もうやることは決まりましたね。

 

スポンサードリンク

医療事務を上手に辞める方法

とはいえ、仕事を辞めるのは言いにくい、引きとめにあったら躊躇してしまいそう。

そんな人のために上手にやめる方法を簡単に紹介します。

 

ポイントとしては下記の方法です。

 

ポイント

  1. 待遇面を理由にしない
  2. 退職日は引き継ぎのことも考えて余裕を持たせる
  3. 転職サイト、エージェントを有効活用する

 

1.待遇面を理由にしない

給料や休日などの待遇名を理由にしてしまうと引き止めしやすいです。

「給料を上げたら残ってくれるのか」「有給がとれるように体制を整えたらいいのか」病院側がこのように思ってしまうのは当然です。

 

どうせなら「ポジティブな理由」がお勧めです。

「こんな仕事がやりたいんです!」

「こんな夢があって、実現するためには転職が必要なんです!」

「自分で稼いでいくスキルを身に着けたいんです!」

どんな理由でも大丈夫ですし、とにかくポジティブな理由を話すことが大事です。

 

病院としても、「成長したい」と言っている個人をわざわざ引きとめることはしません。(僕は)

 

2.退職日は引き継ぎのことも考えて余裕を持たせる

とはいえ余裕を持ったスケジュールを組む必要があります。

なぜなら、自分がいま持っている業務の引き継ぎをしないといけないから。

 

「引き継ぎも何もない」ということなら、すぐにでもやめられますが、役職者であれば業務量も多く、後任者が決まるまでは引き継げないと思います。

 

モメないためにも退職日の調整をして、余裕をもったスケジュールを組んでおくのがポイント。

円満退職をしたいのなら、考えておいてください。

 

3.転職サイト、エージェントを有効活用する

転職サイト、エージェントを有効活用することがポイントです。

転職するためには、まず転職先を決めなければいけませんが、ただでさえ辛い医療事務を続けながら転職活動を行うのは至難の業。

 

僕も過去に転職活動をした経験がありますが、疲れ切って途中でやめてしまいました。

  • 仕事をしながら求人を探すのが大変
  • 自分に合う求人をどう探していいかわからない
  • どうやって面接対策をしたらいいかわからない

 

そんな問題を解決してくれるのが、転職サイトや転職エージェントです。

 

転職サイトに登録しておけば、自分の希望した条件の求人を知らせてくれます。今すぐ転職はしないけど、転職をしたいと考えている人は、まずは登録しておくことです。

 

転職サイトなら大手のリクナビNEXTが求人数も多いので登録はマストですね。

リクナビNEXT

 

 

転職エージェントは、転職サイトよりも求人数が多く様々な求人を紹介してくれます。

下記のようなメリットがあります。

 

  • あなたの「強み」を分析してくれる
  • 最適な求人を提案してくれる
  • 履歴書の添削をしてくれる
  • 企業との間に入って面接日の調整をしてくれる

 

「転職活動を1人でこなすのが不安」という方はエージェントを利用するのがベターです。

転職サイトと併用しつつ、求人の相場などの情報を集めておくのもいいでしょう。

転職エージェントの中で、業界トップクラスの求人数があるのはパソナキャリアです。

パソナキャリア

 

 

まだ医療事務で疲弊しているの?

医療事務が辛い、楽しくない人は早々に離脱することをお勧めします。

僕は、精神が病んで辞めていった人をたくさん見て来ました。辞める直前は、見ているこっちも辛いくらいでした。辛いのを我慢していると人間は簡単に壊れてしまいます。

 

余談ですが

僕も、転職活動を始めようと思います。医療事務は辛いわけではないし、嫌いでもありません。でも、「もっと成長できる場所に行きたい」というのが僕の転職理由です。

 

僕も、転職サイトとエージェントに登録して、情報収集しつつ転職活動を行っていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-転職・就職

Copyright© イジブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.