医療事務コラム

医療事務の残業が多いのは本当か?【生のデータを公開します】

更新日:

医療事務は残業が多いって聞いたけど本当ですか?具体的にどれくらい残業しているのか知りたいな。

 

このような疑問に答えます。

 

■本記事の内容

  • 医療事務の残業時間実例
  • 他業種との比較
  • 入職前に聞くべきこと

 

この記事を書いている僕は、医療事務歴7年と現在は医事課課長として現場のマネジメントをとっています。

 

そんな背景の僕が「医療事務は残業が多いの?」という疑問に対して答えていきたいと思います。

 

結論を書いてしまうと、病院によりけりなので当たり前な話になってしまいますが、実例を交えてお話するので参考にはなるかと思います。

 

スポンサードリンク

医療事務の残業時間は多い?実例を紹介

1人あたり月の平均残業時間を表したグラフで、当院の生データです。

これを見るとかなりばらつきがありますが、平均すると4時間くらい。残業が一番多い人で月に10時間超です。

残業が0時間の人は半分近くいるのがわかりますね。

 

人によって残業時間のばらつきが大きいのが課題ですが、これが多いのか少ないのか?ということですよね。

他の残業データと比較してみます。

 

スポンサードリンク

他業種では月の残業時間30時間超が多い

※引用 VORKERS 調査レポートVOL4

この調査データを見ると、30時間超の残業時間が一番多く、20代~30代だと40時間~50時間くらいは残業しているというデータが出ています。

業種によって違いますが、仕事全体で見ると僕の病院は残業が少ない位置づけになります。

 

メモ

ただし、この調査データがどこまで信頼できるかです。人間は「自分が苦労した経験」というのは「盛って話す」傾向があります。

ましてや匿名のアンケートであれば、いくら盛っても大丈夫ですし、全てを信じるのはどうかと考えてしまうタイプですw

 

多少盛ったとしても他業種と比べて少ない印象はありますね。

 

 

スポンサードリンク

「残業をしたくない」なら質問しまくるべき

そもそも医療事務が少ない

というところであれば、当たり前ですが業務が回りきらずに毎日残業です。

 

事前に聞いておくべき内容は下記の質問。

  • 何人くらい医事課がいるか
  • 1人あたり月平均何時間残業しているか
  • うち、レセプト業務の残業はどれくらいか
  • 残業を減らす工夫はされているか

など、病院見学に行った時や面接時にとにかく質問をしまくりましょう。

僕は面接官として人事面接に入っていますが、面接の段階でしっかり質問をしてくれた方が嬉しいです。お金のことでも休日のことでも、なんでもです。

 

入職してから「医療事務が辛い」という人も出てきてしまいます。

ミスマッチが起こらないように、しっかりと選別することが大切なんです。

 

残業を減らす工夫としては様々で、

  • パート・アルバイトの雇用
  • レセプト点検システムの導入
  • 遅出出勤などフレキシブルな勤務形態 など

このような施策をされている病院やクリニックは職員のことを考えて残業削減に取り組んでくれるのではないでしょうか。

 

医療事務の残業についてまとめ

医療事務の残業は多いとは言い切れないですね。

他業種のアンケートと比べると僕の勤務している病院はかなり低いことがわかりました。

ただし、レセプト残業をしている病院はまだまだ多く、残業0は難しい部分もあります。友人が勤めている病院はレセプト残業で24時は当たり前だそうですw考えられないです。

 

病院によって大きく違いますので、面接や病院見学時にしっかりと確認をしておくことが重要ですね。

 

 

 

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-医療事務コラム

Copyright© イジブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.