医療事務コラム

【断言】医療事務はパソコンが苦手でもOKです【現役が語る】

投稿日:

パソコン操作がかなり苦手で、医療事務についていけるか不安だな。どの程度パソコンができたらいいのかな。

こんな質問に答えます。

 

そこでこの記事ではそんな「パソコンが苦手」というお悩みを、現役医療事務の観点から解決します。

この記事は下記のような内容です。

  • 医療事務はパソコンができなくてもOKか?
  • どの程度の知識があればいい?

パソコンが苦手という方はぜひご一読ください。

 

スポンサードリンク

医療事務はパソコンができなくてもOK

結論から言いますと、パソコンができなくてもオッケーです。

 

「なぜ?事務職だからパソコンを使うんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

僕がこう主張するのは下記のような理由があります。

  1. 大半の病院はシステムが整備されている
  2. パソコンに詳しい人は一握り

では、一つずつ解説していきましょう。

 

1.大半の病院はシステムが整備されている

電子カルテシステムや医事会計システムの整備が進んでおりまして、操作方法がある程度決まっている場合が多いです。

院内のやり取りはほとんど電子カルテや医事会計システムで行うため、一般のパソコン操作を応用する場面はほとんどありません。

 

新入職員のうちは、いくらパソコンの知識があっても病院によって操作方法が違うので意味を成さないんですね。

 

ただし、

課長や部長級になれば、企画書を作ったり会議資料を作ったりしますので、Officeソフトの使用頻度は上がります。

役職について経営にかかわりたいという方であれば、ITスキルがあれば重宝されること間違いないです。

 

「パソコンに慣れている」人は飲み込みも早い為、勉強するよりも慣れておくことの方が大事だとおもいますね。

 

2.パソコンに詳しい人は一握り

病院の中でパソコンに詳しい人ってほとんどいません。控えめに言っても、院内の中でITに最も精通しているのは僕だと断言できます。

「新入職員は若いのである程度パソコンにも詳しいだろう」そう思っていたら、そもそもパソコン使ったことある?って人ばかりで驚愕しました。。

 

例えば下記のような感じです。

  • メールの返信方法がわからない
  • Excelのセル内改行がわからない
  • 関数?マクロ??何ですかそれ?

 

こんな人が一定数いますが、問題なく業務を行なえているようです。。

 

なぜか、

 

 

みんな、「わからないことはネットで調べる」という癖を持っているからです。

まあ、知っている人よりは業務スピードは遅いですが、ネットで得られる情報を元に業務を行うことで、対応ができています。

 

スポンサードリンク

とりあえず医療事務はタイピングができればオッケー

じゃあどの程度できればいいのか?

パソコンでタイピングができればオッケーです。

難しい関数を使ったり、エクセルでマクロを組んだりする人はほとんどいません。

 

「パソコンが苦手だな」と思っている人の立ち回りとしてはこんな感じです。

ポイント

基本的なタイピングや操作で業務をこなしつつ、わからないことがあればネットで調べて解決する。

 

ネットで調べればなんでも教えてくれる時代です。有効に活用しましょう。

自分で調べて解決できる「問題解決能力」があれば、パソコンが苦手でも十分やっていけます。

 

 

スポンサードリンク

医療事務のパソコンスキルは最低限でオッケー

どの程度か?という問いには、「タイピングができればオッケー」という答えになります。

小学校でもプログラミングを学習する時代にタイピングができない人っているんでしょうか?

 

ただし、職種によっては専門的なパソコンスキルが必要になる場合もあります。

もしも専門学校に通っていてパソコンの授業についていけなかったり、

パートの医療事務を考えているけど、パソコンスキルが無いからあきらめている人がいるのであれば、それはいらぬ心配だということですね。

 

 

 

スポンサードリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

関連する記事と広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KOJI

医療事務とアフィリエイトで生計を立てる京都出身の30代 医療事務業務を最適化したいと思いイジブログを立ち上げました。医療事務業務に役立つ情報をまとめてます。

-医療事務コラム

Copyright© イジブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.